三菱自株ストップ高に 支援の日産は下落

2016.05.12

 12日の東京株式市場で、日産自動車の出資を受け入れることになった三菱自動車株に買い注文が殺到し、東証のルールに基づいて値幅制限の上限となる前日比80円(16・16%)高の575円というストップ高価格で取引が成立した。一方、支援する側の日産自動車の株価は下落した。

 三菱自動車の株価は、燃費データ不正問題の発覚後に大幅に下落していたが、日産自動車の支援で経営再建が軌道に乗るとの見方から買い戻しの動きが広がった。

 日産自動車の終値は14円40銭(1・43%)安の988円10銭だった。「三菱自動車への支援で財務面の負担が増すことが嫌気された」(ネット証券)という。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。