都知事選圧勝“小池銘柄”が爆騰 電線地中化、カジノ関連でS高も

2016.08.01

主な小池氏関連銘柄
主な小池氏関連銘柄【拡大】

 都知事選で圧勝した小池百合子氏。株式市場では、小池氏の選挙公約や政策から、別表のような業種や銘柄が注目を集めているが、1日午前の市場でも、関連銘柄の一角が一時ストップ高をつける場面もあった。

 小池氏は選挙公約の中で、「都道の電柱ゼロ化、技術開発を支援する」としている。電線共同溝用の鉄蓋を手がける虹技の株価が年初来高値を更新、一時前週末比50円(約28%)高の229円とストップ高で、東証1部の値上がり率トップとなった。前週末に業績の上方修正を発表したことも好感された。

 選挙期間中に上昇していた電線地中化関連の一角は利益確定売りに押されて下落したが、別表以外では、コンクリート関連のイトーヨーギョー(5287)がストップ高、ゼニス羽田ホールディングス(5289)も年初来高値をつけた。

 都知事選の公約には掲げなかったが、小池氏は選挙期間中に出演したテレビ番組で、カジノを含む統合型リゾート(IR)の東京誘致について前向きな姿勢を示した。1日の市場では、メダル計数大手のオーイズミが一時ストップ高に。カジノ施設向け電子決済システムを手がけるテックファームホールディングスも約17%上昇した。

 「エコハウス・スマートハウスへの補助強化」も筋金入りの政策だ。小池氏自身、東京・江古田の自宅を環境にやさしい家に改造し、「エコだハウス」と呼んでいる。住宅関連や断熱材、エネルギー管理システムなどの関連企業が恩恵を受ける可能性がある。

 「待機児童ゼロ」では人材企業や保育関連企業、「2階建て通勤電車の導入促進」では鉄道車両製造を手がける企業が物色対象となりそうだ。

 1日の市場ではご祝儀買い、連想買いの面も大きかったが、今後の小池都政で政策が具体化してくれば、関連銘柄があらためて脚光を浴びることもありそうだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。