市場はクリントン氏勝利なら好感、トランプ氏なら英EU離脱以上のショック

2016.11.08

ロシアの動物園では、白クマがトランプ氏をあしらったカボチャに“1票”入れたが…=7日(ロイター)
ロシアの動物園では、白クマがトランプ氏をあしらったカボチャに“1票”入れたが…=7日(ロイター)【拡大】

 「どちらが勝つかで、今後の予想がこれほど変わってくる米大統領選も珍しい」と市場関係者は身構える。民主党のヒラリー・クリントン氏当選なら株高円安が進む一方、共和党のドナルド・トランプ氏当選なら、英国の欧州連合(EU)離脱決定(ブレグジット)時以上のショックが市場を襲うとの見方もある。

 8日午前の東京株式市場は朝方の買い一巡後、利益確定売りに押され、日経平均株価は前日終値比26円37銭安の1万7150円84銭と小幅反落して午前の取引を終えた。

 前日の米ダウ工業株30種平均は371・32ドル高の1万8259・60ドルと8日ぶりに大幅反発。クリントン氏の私用メール問題で、米連邦捜査局(FBI)が訴追見送りの方針を表明したことが好感された。日系証券会社のトレーダーは「積極的にリスクを取る動きが強まったわけではないが、クリントン氏が勝つ可能性が高まり安心感が広がった」と話した。

 カブドットコム証券投資ストラテジストの河合達憲氏は「株式市場は想定外のことを嫌うため、選挙が終わるまでは積極的に買い直す姿勢になっていない。クリントン氏が勝てば、1ドル=105円、日経平均は1万7500円から仕切り直しとなるだろう」とみる。

 また、銀行系証券のアナリストは「1ドル=108円、日経平均1万8000円もありうる」とさらに強気だ。

 一方、トランプ氏が事前の予想を覆して勝利した場合、「市場への影響はブレグジット以上で、昨年12月の米利上げ並みではないか。当時は約6%の円高と約2割の株安となったが、今回も1ドル=99円、日経平均1万4000円もみえてくる」(同)というのだ。

 ただ、前出の河合氏は、「日経平均はいったん1万6300円台まで下げても、冷静な買いも入るだろう。市場は早く選挙離れをしたいというのが本音で、12月の利上げに焦点が移るのではないか」と指摘する。市場の懸念は杞憂に終わるのか。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。