本命「ダイフク」 連続最高益予想で絶好投資タイミング 対抗「ダイドードリンコ」 大穴「カッパ・クリエイト」 トランプ株高は続くのか? (1/2ページ)

2016.11.15

覆面株プロR氏が先週推奨の3銘柄
覆面株プロR氏が先週推奨の3銘柄【拡大】

 今週の覆面株プロは、「証券業界随一の地獄耳」と定評のある大手投資情報会社のS氏です。日本株市場がトランプショックで翻弄されるなか、S氏が急騰必至の3銘柄を選択した。

 ――先週は株価大乱高下に見舞われました

 「トランプ氏の勝利は大誤算です。9日に最大1059円安と暴落した日経平均でしたが、もう1つの大誤算はトランプ氏を歓迎した米国株式市場の反応でした。その流れを受けて、日経平均も翌日は一時1142円高と暴騰。このため、大手証券会社の投資情報部などは相場シナリオを急きょ、大幅修正せざるをえなかったようです」

 「外資系ゴールドマン・サックス証券は9日付の投資家レポートで日本の『防衛』に焦点を当てています。同証券は実は一昨年から防衛関連株に注目し、『日本は防衛支出の増額が将来的に必要』としてきたのですが、トランプ勝利で現実に近づいた印象です。米国では、大統領就任から100日間は野党やメディアが攻撃を控える紳士協定があり、年明け1月20日の就任式から4月までは、トランプ政権のプラス面が先行して表面化すると指摘する専門家がいます」

 「トランプ氏の法人減税や公共事業など景気刺激色の強い公約が実行に移されれば、米国発の株高が日本株にも波及してくるかもしれません。ただし、それ以後は不透明な点が多いため、仮に株高円安が進んだとしても輸出関連株を買うのはまだ先の話です。当面は、国内需要で株価がしっかり推移しそうな銘柄を吟味すべきです」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。