跳ねる「フライトHD」 Apple Payで業績急拡大 (1/2ページ)

2016.12.28

 日銀の金融政策決定会合で、金融緩和政策の現状維持が決まったことや景気判断を小幅に引き上げたことを受け、日本株市場は買いが優勢で推移しました。米ドル為替が一時、1ドル118円台半ばまで振れたことも好感し、日経平均は年初来高値を更新しました。

 ただし、今の水準は景気回復や円安を織り込んでいます。高値を警戒した投資家が利益確定に動き、一時的に調整するリスクに注意が必要です。安易に楽観視せず、慎重な投資スタンスを継続していくべきでしょう。

 年末の株式市場は、機関投資家が休暇に入るため、売買代金が低調に推移する傾向があり、売買の主体が個人投資家に移行する可能性が高い。このような局面では、テーマ性が高く、個人投資家の資金が流入しやすい銘柄に注目する戦略が有効と考えます。

 こうした銘柄は、相場状況に左右されにくく、大きな値上がり益が期待できるでしょう。そこで、わたしが注目したのは『フライトホールディングス』(3753)です。

 同社は、電子決済システムやITコンサルティング、開発事業を手掛けています。同社を「国内のApple Pay導入を追い風とした業績好調」銘柄として注目したいと考えます。Apple Payとは、9月に発売されたiPhone7に新たに搭載された機能です。iPhoneにクレジットカードやSuicaを連携させることで、決済手続きを簡単に行うことができるようになります。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。