【今日から始める10万円株】GPIF保有の新興銘柄を狙え 「夢真HD」、「不二サッシ」に妙味 (1/2ページ)

2016.12.28

 米国株が史上最高値を更新、日経平均株価も年初来高値を抜いてきたことで株式市場にはリスクオンの流れが広がっている。

 今年、日経平均が安値を模索する中でコツコツと買い向かっていたのが、われらが年金資金のGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)である。11月25日に発表されたGPIFの運用状況では、7〜9月の収益はプラス1・84%、運用開始以降では年率で2・47%のプラス実績となった。

 「某外資系証券の調査リポートでは、GPIFの日本株買い余力は2兆8000億円。国家公務員共済など3共済を合わせると、5兆5000億円にもなるのです。来年以降も積極的に日本株を買ってくるはず。だから、彼らが買う銘柄を先回りする戦略はとても有効です」とは、某通信社の株式担当。

 基本的にGPIFが買う銘柄はTOPIX(東証株価指数)に連動する銘柄のため東証1部が主体。ただし、保有株の状況を見ると、東証2部やジャスダック、マザーズなどの銘柄も保有していることがわかる。

 今週の10万円株は、GPIFが保有する新興市場の銘柄からピックアップしたい。これらの銘柄はGPIFの買い支えが期待できるだけではなく、将来の東証1部候補としても魅力的だ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。