新型機発表後に売られた任天堂

2017.01.24

 百貨店などでは新春セールの真っただ中。最初は2割引き、それでも売れない商品は5割、7割と下がっていくものだが、株価下落が止まらないのが任天堂(7974)である。

 同社は13日、据え置き型としては約4年ぶりとなる新型ゲーム機「Nintendo Switch」の価格と発売日を発表。ヤフー掲示板では一時、リアルタイム検索の上位20項目が任天堂関連のキーワードで埋まるなど、注目度は抜群だ。ところが、株価は前日比5・7%の下落と振るわず、ネット上では「最近はなんかの発表ごとに下げてんな」といった嘲笑気味のコメントのほか、「オンライン有料はダメだろ」など、真面目なダメ出しも。

 対照的に株価急騰が続いているアスカネット(2438)。米国で開催された家電見本市で、同社製のAI(エアリアルイメージング)プレートが採用された商品が注目され、それが材料視されたようだ。株価は連日ストップ高し、株系掲示板では「まだ初動」という強気コメントの一方、「(信用取引の)規制が入りそうで怖い」と心配する声も見られた。 (新井奈央)

 【2017年1月17日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。