フルスピード、日本アセットに注目 東証「お墨付き」のマザーズ2銘柄

2017.01.25

 この3月から中小型株の動向を示す新たな指数が誕生する。「JPX日経中小型株指数」と呼ばれる指数で、構成銘柄数は200銘柄。内訳は、東証1部が178銘柄、東証2部が3銘柄、マザーズが3銘柄、ジャスダックが16銘柄である。

 「新指数は、資本の効率性や財務状況などに着目し、投資家にとって魅力の高い会社で構成するとのリリースが東証からありました。これまで外国人投資家などにとって、日本の中小型株の情報は非常に少なく、手を出しづらい存在だったのですが、これを契機に中小型株に外国人投資家の資金が流入しやすくなるのではないでしょうか」とは、元投信会社のファンドマネジャー。

 なかでも、マザーズ市場から選ばれている3銘柄のうち2銘柄が10万円の資金で投資できる銘柄だ。

 今回の10万円株はこの2銘柄を紹介しよう。

 まずは、ネット広告代理店などを展開するフルスピード(2159)。訪日中国人向けの情報アプリなどにも展開しており、インバウンド関連としても注目だ。

 株価はしばらく700〜900円のボックス圏で推移してきたが、そろそろ上抜けが視野に入ってきた。株価は895円(16日終値、売買単位は100株)。昨年6月10日につけた1015円を上抜いてくれば、株価の上昇に勢いがつきそうだ。

 一方、ドンキホーテホールディングス傘下でビルの賃貸や不動産管理を手掛ける日本アセットマーケティング(8922)の株価は165円(同、売買単位100株)と2万円以下で投資が可能だ。

 1月5日に187円をつけ、その後は全体相場にツレ安するかたちで調整している。チャート的には押し目買いの好機といえそうだ。

 「実際に新指数が走り出せば、連動する投信の設定が期待されます。今後はそれら投信による買い需要も期待できるというわけです」とは、前出の元ファンドマネジャー。

 東証のお墨付きがついた構成銘柄だけに買い安心感があるのは確かだ。 (三枝裕介)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。