メキシコの壁建設となれば…本命「太平洋セメント」 対抗「ヤマシンフィルタ」 (1/2ページ)

2017.02.07

覆面株プロY氏が先週推奨の3銘柄
覆面株プロY氏が先週推奨の3銘柄【拡大】

 今週の覆面株プロは、多角的な企業業績分析力とユニークな発想・着眼で有望株を次々と発掘している株式アナリストのR氏です。トランプ相場で、市場が荒れるなか、R氏が“お宝”3銘柄を推奨してくれた。

 −−先週、トランプ大統領が日本を名指しで「円安に誘導してきた」と批判し、為替マーケットが一時、円高に大きく振れました

 「今週末、安倍晋三首相がトランプ大統領と初の日米首脳会談に臨みますので、さまざまな誤解を解決の方向へ導いてもらいたいものです。米国内では、中東やアフリカの7カ国の人を一時的に入国禁止にしたことがイスラム系の排除につながると各地でデモが盛り上がっています。特にIT系企業は、そういったトランプ氏の排他的な方向性を嫌がっています」

 「一方で米国の自動車業界はトランプ氏を支持。電気自動車で著名なテスラモーターズのイーロン・マスク氏らは『入国禁止措置は全く間違えていない』と全面的に応援する姿勢を見せ、テスラの株価が急上昇状態を持続する展開となっています」

 「トランプ氏の強硬な姿勢はしばらく続きそうですが、いずれは軟化する方向で譲歩姿勢も見せてくるはず。アメとムチの使い分けでいえば、今後、大規模インフラ投資や大幅減税について具体的なコメントを発すれば、2万ドルを演じた達成感でやや鈍った米国株が再び勢いづいてくるでしょう。日米ともに企業業績は堅調で、さほど心配する必要はないと考えています。ここは、積極的にトランプ氏の政策で上がる日本株を狙ってみるのが面白い投資作戦だと思います」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。