AR関連のサン電子は瞬間沸騰で終了か 某株系掲示板では「リバウンド」の文字も

2017.02.07

 ここ数年で開発が加速し、娯楽や医療、教育などさまざまな分野で活用が広がりつつあるVR(仮想現実)。株式市場ではVR・AR(拡張現実)関連の材料にはかなり敏感に反応する傾向があり、当欄でも度々、関連株を取り上げてきた。

 1月26日にも、サン電子(6736)が「傘下のAR関連企業が中国企業と組んでARメガネの量産化へ」と報道されると、株価は一瞬にしてストップ高した。もっとも、翌27日にはズルズルと下落し、いまのところ瞬間沸騰で終わりそうな雰囲気だが、某株系掲示板では「ここから怒涛(どとう)のリバウンド来るから」といったコメントも。損失が拡張する現実を受け入れられないトレーダーがいるようだ。

 航空券予約サイト運営を手掛けるエボラブルアジア(6191)。ある大物トレーダーが目標株価5000円(27日現在の株価3320円)を宣言し、話題を集めている。27日にはAI(人工知能)絡みの材料を発表し、「会社側もイケイケだな」「材料の宝庫だわ」など同社を称賛するツイートが続出。まだまだ相場は続きそうな雰囲気だ。 (新井奈央)

 【2017年1月31日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。