緑内障治療薬絡みでストップ高連発の「DWTI」 ネット上でも注目度が急上昇

2017.02.16

 著名投資家のジム・ロジャーズ氏は「ネット上の情報だけだと視野が狭くなる」と話しているという。投資に関しても、外に出て情報収集をすることが大事なのかもしれない。

 広い視野といえば、ジワジワと視野が狭くなる病気がある。緑内障だ。この緑内障治療薬に関して、国内医薬品会社と独占開発権・販売権の契約を結んだと発表し、株価が3日連続でストップ高しているのがデ・ウエスタン・セラピテクス研究所(DWTI、4576)。ネット上でも注目度が急上昇しており、「売ったら後悔するよ」「上場来高値まで行くなこれ(2月7日終値655円、上場来高値3755円)」など、超強気のコメントが目立つ。

 2月1日、子会社が手掛けたスマホゲームが100万ダウンロードを突破し、株価の急騰が続くアエリア(3758)。ゲーム関連に集中投資する大物トレーダーが参戦したとの噂もあるが、すでにチャート上ではピークアウトの兆候も。

 両銘柄とも、やがて来るであろう暴落局面をトレーダーが視野に入れていることを祈る。 (新井奈央)

 【2017年2月9日発行紙面から】

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。