「未来永劫」が理想的な株式の保有期間 しっかり、じっくり企業を研究

2017.02.23

 ■今週の格言「時間をかけてでも市場に対する強烈な一撃を与えよ」

 「熟慮して行った、ただ一つの決断がうまくいかないのであれば、それよりも集中力が劣った数多くの決断がうまくいくはずがない」

 バフェットが言いたいのは「一撃必殺を目指せ」ということである。ネズミが何十万回、回し蹴りをしても象を倒すことはできない(くすぐったくて嫌がられるだろうが…)

 ボクシングで何百回ジャブを打っても相手のボクサーをノックアウトし床に沈めることはできない。むしろ自分の体力を消耗し、相手から必殺の一撃を食らうリスクが増えるかもしれない。

 同じように、市場で毎日ちょこまかと日計り投資(デイ・トレード)を繰り返しても市場を倒すことはできない。市場を倒すのに必要なのは「象をも倒す強烈な一撃」である。

 ボクシングと違って投資の良いところは、この一撃は「一瞬」でなくてもよい点にある。例えば30年をかけた一撃でもかまわないのである。バフェットは、「理想的な株式の保有期間は?」と聞かれると、決まって「未来永劫(えいごう)」と答える。彼が「永久保有銘柄」と名づける超優良企業であれば、1年間に与える打撃が小さくても数十年にわたって市場に与える打撃は強烈なものになる(売らないのだから、「買い」は1回だけで、まさしく一撃である)。

 バフェットの永久保有銘柄には、長年の間に毎年の配当が買値を上回っているものがたくさんある。つまり買値100万円の株の配当が毎年100万円以上ということである。

 もちろん、そのような素晴らしい一撃を与えてくれる企業は、簡単にはわからない(振り返れば誰もが知っている企業であることが多いのだが、その時点では見分けがつかない)。だから、むやみやたらに色々な企業にジャブを当てるのではなく、入魂のストレートを打ち込める最高の企業が見つかるまで、しっかり、じっくり企業を研究するのである。 (国際投資アナリスト・大原浩) =敬称略

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。