日本取引所グループ、相場操縦など「灰色」取引撲滅へ…売買審査にAI導入

2017.03.10

 東証などを運営する日本取引所グループは2017年度中、売買審査に人工知能(AI)を導入し、相場操縦など違法行為の検知効率を引き上げる。東証は「グレーなものはシロと言い切れるまで調べ上げる」としている。AI導入でコンピューター売買業者の不正も暴けるかどうか。

 東証などは現在も売買成立の意図がない注文を出す「見せ玉」や取引終了間際の大量注文で株価を動かす「引け値操作」などを監視している。AIは1日最大1億件もの膨大な量の注文を分別し、グレーと分類された取引はシロかクロかはっきりするまで売買担当者が徹底的に調べ上げるという。

 売買審査でクロと判定され、相場操縦で摘発されるのは年に数十件程度。大多数のケースでは、証券会社を通じて顧客に警告し、不正行為を止めさせている。市場関係者は「コンピューターを駆使する欧米のHFT(高頻度取引)業者を摘発できるかが見ものだ」と話す。HFTは注文取り消しが多く、相場操縦の噂が絶えない。一方、売買高が多く、東証の上得意客でもある。

 【2017年3月3日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。