決算遅延の「昭和電工」 大手証券からは上場廃止見越したリポートも

2017.03.15

 総合化学大手の昭和電工が2016年12月期決算発表の延期を発表した。業績の開示は上場企業の義務なので、最悪シナリオをたどっていけば上場廃止の可能性も否定できない。大手証券からは「上場廃止後」を見越したリポートも出ている。

 昭和電工は子会社の取引を見直すとして3月7日に決算発表を遅らせるとしていたが、追加調査のため再延期を決めた。東芝が決算発表を先延ばししたうえ、債務超過転落を発表した連想から、株式市場はこの種の話題に敏感になっている。

 SMBC日興証券は1日付リポートで、上場廃止までの事務手続きを整理し、昭和電工の日経平均からの除外に言及。「可能性は低かろうが、上場廃止ならLIXILか積水化学が代替か」とした。

 SMBC日興が指摘するように、上場廃止の可能性は低そうだが、不祥事銘柄に対する投資家の視線は冷たい。機関投資家に企業との緊張ある対話を求める「スチュワードシップ・コード」が発効しており、投資対象から外す年金基金や投資信託も出てきそうだ。

 【2017年3月8日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。