監理銘柄の指定解除で「郷鉄工所」大暴騰中 債務超過状態は解消せず上場廃止もあり得る状況

2017.03.23

 2月下旬からの強化試合では負け越していた侍ジャパン。WBC本番ではオランダとの死闘を制するなど、ここまで強化試合の借金を返して余りある奮闘を見せている。

 借金といえば、前期に債務超過に陥ったことが判明している郷鉄工所(6397)。株価は東証の監理銘柄の指定解除を受けて暴騰しているが、債務超過状態が解消したわけではない。この3月末までに増資などの対策が講じられなければ上場廃止もあり得る状況だ。

 ところが某人気トレーダーは「郷様はまだ売りません!」「200円まで行く」と買い煽り。買うのは自由だが、振り返ればイナゴの屍(しかばね)の山とならないよう祈るばかりである。指紋認証ソフト開発のディー・ディー・エス(3782)。5月末に施行される改正個人情報保護法対応版の先行販売などを受け、株価は年初から3倍超に大化けしている。ネット上では「DDS強すぎ」「誰でも勝てる相場」など、感心しつつも株価上昇を喜ぶ声が多く見られた。 (新井奈央)

 【2017年3月16日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。