28日先物大量買いか…背後に年金基金 3月期末配当の権利確定日

2017.03.27

 28日は3月期末配当の権利確定日。この日の大引け間際に年金マネーを扱う信託銀行経由で大量の先物買いが入る可能性がある。

 28日大引け時点で株を持っていれば、3月期末株主として配当を受け取れる。ただ、実際に配当金が支払われるのは6月の定時株主総会で配当など利益処分案が承認された後だ。

 個人投資家にとって何も問題はないが、機関投資家となると話は別だ。3月期末配当の権利確定後は、配当の権利がなくなった分だけ株式の価値が下がるため、相対的に株式の組み入れ比率が低下してしまう。

 そこで機関投資家は配当金が支払われるまでの間、株式の保有比率を一定水準で維持するために先物を買うことになる。今期は増配ラッシュが予想され、東証1部のほぼ全銘柄を保有する年金基金を中心に現物株式で4000億円相当のTOPIX先物の買いが見込まれる。

 先物買いは例年、権利確定日の午後2時ごろからスタートする。権利確定の翌日に買いが入ることもある。

 【2017年3月24日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。