「日経会社情報」休刊で「会社四季報」わが世の春? 企業情報誌の売り場縮小避けられず

2017.03.29

 全上場企業の業績を紹介する「日経会社情報」が前週末17日発売の「2017春号」で休刊する。今後はメニューを充実させたデジタル版を通じて情報発信を続けていくという。

 日経会社情報は1979年の創刊以来、東洋経済新報社の「会社四季報」と人気を二分してきた。企業に深く食い込む日経の取材力を発揮し、敏腕アナリストでも外す業績予想を的中させることがしばしばあった。

 今後、企業業績を網羅した紙媒体は会社四季報だけになる。このため、会社四季報は大幅な部数増を期待できそうなものだが、不安もある。

 大手書店チェーンによれば、会社四季報と日経会社情報は発売日が同じだったため、店頭に相応のスペースを割いて平積みすることで、読者にアピールできた。しかし、今後は企業情報誌の売り場縮小が避けられず、他の雑誌と形の違う会社四季報は隅に追いやられかねない。ちなみに、東洋経済新報社が会社四季報発売日に本社ビルで開いた講習会スタイルの有料セミナーは満席だったという。

 【2017年3月22日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。