兜神社の例大祭 持ち株値上がり祈願の御利益は…

2017.04.03

 東京証券取引所の北側にある兜神社で4月3日、年に1回の例大祭が開かれる。神主が常駐しない神社だが、この日だけは境内に神楽ばやしが鳴り響く。

 兜神社は東証が世話人代表を務め、証券業界の鎮守社的な存在だ。首都高速道路の高架が迫る無人の小さな社殿からは想像しにくいが、氏子には大手証券、銀行がずらりと名を連ね、さながら金融業界の総元締めの雰囲気である。

 日ごろはスーツ姿のサラリーマンが目立つほか、証券会社トップがふらりとお参りに訪れることもある。

 境内には桜の木が茂り、社殿手前の左側には大人の背丈よりも大きな「兜岩」がある。「金運を招くパワースポット」として紹介されることが多いためか、持ち株の値上がりを期待して兜岩に手を触れる参拝者が多い。

 東証ビル西口の見学者受付ロビーでは、御霊(みたま)入れをした兜神社のお守りを入手できる(平日限定、500円)。ちなみに、例大祭当日の日経平均株価を調べてみたが、騰落に特に偏りはなかった。

 【2017年3月27日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。