新年度相場に突入で暴騰・暴落リスク点検 仏大統領選、米の追加利上げ… (1/2ページ)

2017.04.04

相場への影響が予想される主なイベント
相場への影響が予想される主なイベント【拡大】

 東京株式市場は4月から名実ともに新年度相場に入った。トランプ相場にも変調が見られるなか、引き続き外部環境の左右される状況が続くとみられる。経済イベントや選挙など、相場の暴騰や暴落リスクがあるスケジュールを点検しておきたい。

 昨年は、6月の英国民投票での欧州連合(EU)離脱決定、11月の米大統領選と、選挙が相場の大きな転換点となった。直近の選挙で注目されるのが23日に第1回投票が行われるフランスの大統領選だ。

 反EUを掲げる極右政党、国民戦線のルペン党首と、独立系のマクロン前経済相が人気を集めている。いずれも過半数を獲得するのは難しいとみられ、5月7日の決選投票で両者が激戦となることも予想されている。

 「ルペン氏が当選した場合、マーケットは極端なリスク回避姿勢が強まり、大幅な株安と円高ユーロ安に見舞われる」(準大手証券ストラテジスト)と警戒されている。

 ただ、6月に実施される国民議会選挙で国民戦線が議会を掌握できるほどの多数を確保するのは難しいとみられている。「フランスがすぐにEUを離脱することにならなければ、急落局面は絶好の買い場にもなる」(同)という。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。