米経済や海外の影響受けにくい 本命「ハリマ共和物産」、対抗「オーテック」、大穴「東部ネットワーク」 (1/2ページ)

2017.04.04

覆面株プロS氏が先週推奨の3銘柄
覆面株プロS氏が先週推奨の3銘柄【拡大】

 今週の覆面株プロは、数々の金融株、含み資産株の急騰や低位株の爆上げを的中させて、個人投資家から絶大な信頼を得ている株式評論家のY氏です。新年度の4月相場、Y氏が急騰必至の3銘柄を教えてくれた。

 −−新年度の相場展開をどのように見通していますか

 「トランプ大統領が最重要政策の1つと位置づけてきた、オバマケア(医療保険制度改革)の廃止を取り下げた影響が気になります。税制改正や巨額のインフラ投資など他の重要政策が本当に実行できるのか、世界中のマーケットから疑問符を持ってみられることになってしまいました。オバマケアは、実は米国の中小企業の経営負担が大きな制度です。中小企業経営者は、オバマケア廃止を唱えたトランプ氏の重要な支持基盤となってきました。彼らから失望されたことも大きなダメージです」

 「米国の予算関連法案は4月28日にさまざまな期限を迎えます。トランプ政権が、それまでに何らかの打開策を打ち出さないと、米国経済の先行きへの不安が高まり、『ゴールデンウイーク前危機』を招きかねません。日本の株式市場は新年度に入り、新規資金が流れ込むことが期待できますが、リスク管理を怠らない姿勢が大切です。しばらくは海外の影響を受けにくい内需系企業で、業績のよいところに絞って物色するのが賢明でしょう」

 −−では、今週の本命株は

 「ドラッグストア向けなど日用品や化粧品の卸売りを手掛ける『ハリマ共和物産』(東2・7444)です。同社は、物流のアウトソーシングを一括で請け負う事業も行っており、ヤマト運輸の値上げ問題に関連して、さまざまな荷主企業が物流の見直しに着手するでしょう。これに伴い、受託が急増するのではないかと市場関係者から注目を集めています」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。