東芝で質疑応答が白熱 日本取引所CEO会見「今回はすごかった」

2017.04.12

 日本取引所グループの清田瞭(あきら)最高経営責任者(CEO)は3月31日、定例記者会見を開いた。経営難の東芝の上場廃止示唆を引き出したい報道側と、言質を与えたくない清田CEOの質疑応答が過熱し、清田氏が会見終了時に「今回はすごかったですね」と苦笑いするほどだった。

 東芝の原発子会社であるウェスチングハウス(WH)の法的整理で、清田氏は「東芝の肩の荷は下りている」と指摘した。

 会見ではっきりしなかったのは、東芝の経営改善をどの時点の資料で評価するか。改善報告書などの資料提出時なのか、資料提出後のWH整理を含めて判断するのか、記者が矛盾を指摘すると、清田氏が不愉快そうに「矛盾はない」と返す場面があった。WHの巨額損失で昨年3月末ですでに債務超過だった場合、今年3月期末は2期連続債務超過。上場規則を素直に読めば東芝は即、上場廃止だ。

 1時間近い記者会見の大半が、東芝についての質疑応答に割かれた。本来の題目だった「中期経営計画のアップデート」に関する質問は皆無だった。

【2017年4月5日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。