“有事の円買い”進行 防衛関連「石川製作所」一時急騰もトレーダーがっくりの理由

2017.04.18

 シリアを巡り、中東情勢が再びきな臭くなってきた。市場関係者からは「地上戦に発展しなければ問題なし」との声も聞かれるが、足元では“有事の円買い”によって円高ドル安が進行。日経平均株価も1月半ばの年初来安値を割り込んだ。

 しかし、ただでは転ばないのがネットトレーダーである。米軍によるシリアへのミサイル攻撃を受け、防衛関連機器を手掛ける石川製作所(6208)に買いが集中。7日前場には一時ストップ高まで買われた。もっとも、同日の後場にかけて急速に売られたことで、ツイッター上では「石川の上昇ミサイルは北朝鮮製より精度低いわ」と寂しげにつぶやくトレーダーがいた。

 人工知能(AI)を活用した米投資ファンドによる巨額売買の思惑と、ネットトレーダーの便乗買いが重なり株価急騰中のジャパン・フード&リカー・アライアンス(2538)。同ファンドは、3月の下旬頃から数十万〜数百万株単位でこの銘柄の売買を繰り返しているようだ。ある人気トレーダーは「俺たちがこの人気をつくった」と豪語していた。 (新井奈央)

【2017年4月11日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。