注目度上昇中の防衛関連 上方修正&ライセンス契約でS高連発「メドレックス」

2017.04.20

 朝鮮半島の軍事的緊張が高まっていることを受け、株式市場では「防衛関連」の注目度が上がっている。11日には、レーザー計測器や暗視スコープを手掛ける理経(8226)の株価が急騰。同銘柄はこれまでも数カ月〜半年に一度、3Dプリンターやドローン絡みの材料でチャート上に「イナゴタワー」を形成してきた経緯がある。ただ、いずれも相場は短命で終わるケースが多い。11日も急騰直後に急落し、ほぼ行って来いで引けている。株系掲示板では「いつも通りの理経」「おかえり〜」などトレーダーの乾いたコメントが流れていた。

 業績の上方修正とインド製薬会社とのライセンス契約締結が材料視され、株価暴騰中のメドレックス(4586)。経皮製剤、いわゆる湿布薬が主力の創薬ベンチャーだ。やはり定期的に株価が吹く傾向があり、今回は11日までで3日連続でストップ高を演じている。ネット上では、「戦争になれば湿布が売れるだろ!」と同社を防衛関連に位置付けるトレーダーを見かけたが、さすがに厳しすぎないか。 (新井奈央)

 【2017年4月13日発行紙面から】

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。