暴騰「レナウン」、仕手戦の兆し? 売り買い双方あおり合い

2017.05.02

 過去、株式相場には「仕手筋(してすじ)」が存在した。情報や資金を駆使して株価をつり上げ、巨額の利益を懐に収める集団(あるいは個人)のことだ。

 4月21日、低価格ブランドの投入を発表し、株価が1日で46%超も暴騰したアパレルのレナウン(3606)。以前はレナウングループだったルック(8029)も連れ高しており、最後の大物仕手筋といわれた“兜町の風雲児”こと故・加藤あきら氏が手掛けた相場が思い出される。某株系掲示板には、21日だけで数千コメントが殺到。「売ったやつはアホ」「ゴミ材料だしすぐ暴落」など、売り買い双方が強烈にあおり合っていた。

 20日、豪物流子会社に数千億円規模の減損処理発生と報じられ、株価が急落した日本郵政(6178)。過去に東芝の元社長が郵政の社長を務めていた経緯があり、東芝の負の連鎖を意識させる動きとなっている。

 ただ、株価が昨年末から下がり続けていたせいか、翌21日には前日比プラスで大引け。ネット上では「バックに国がいるしな」など陰謀論をささやくトレーダーもいた。 (新井奈央)

 【2017年4月25日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。