「MSCI」指数でひと儲け 除外候補「北陸電力」は買いか

2017.05.08

 5月は「MSCI」指数の定期銘柄入れ替えが実施され、一部の個人投資家の間では短期トレードの好機として評判だ。新規採用銘柄の買いだけでなく、除外銘柄もタイミングを見て買いが可能だ。

 MSCI指数は世界各国に分散する機関投資家が運用の指標とする。SMBC日興証券はリポートで、東ソーやJR九州など4銘柄の採用と、北陸電力、CYBERDYNEの2銘柄の除外を予想。同社予想には定評があり、今回も市場関係者に違和感なく受け入れられている。

 入れ替えは16日朝に結果発表、31日大引けに機関投資家が入れ替え実施の予定だ。31日の取引終了直前に新規採用銘柄を買えばよいが、実際には理屈通りにいかない。個人投資家が持ち上げた後の高値をつかまないよう、機関投資家は買いのタイミングをずらすケースが目立っているためである。

 このため、狙い目は採用銘柄ではなく除外銘柄。銘柄入れ替えの発表日や入れ替え実施当日に大量の売りが出ても、遠からず下げ幅を埋めてくることが多い。株価が急落したら、そこが拾い場か。

 【2017年5月1日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。