為替差益でさらなる業績向上期待 爆騰必至の本命「ニプロ」、対抗「兼松」、大穴「ミネベアミツミ」 (1/2ページ)

2017.05.16

覆面株プロS氏が先週推奨の3銘柄
覆面株プロS氏が先週推奨の3銘柄【拡大】

 今週の覆面株プロは、ストップ高銘柄を連発で言い当てて、マーケット関係者を驚かせている大手ネット証券ストラテジストのK氏です。堅調に推移する5月相場で、K氏が爆騰必至の3銘柄を選択した。

 −−今後の有望銘柄の物色戦略を教えてください

 「今日で東証が企業に促している、いわゆる45日ルールに基づく2017年3月期の決算発表が終了します。合わせて企業の18年3月期の通期業績予想発表も終了。しかし、近年はこの期初予想よりも、第1四半期時点での通期見通し修正のほうが注目されるようになってきています。なぜなら、期初時点では慎重な見通しをリリースして、3カ月間企業活動をしたうえで通期の現実的な見通しに修正するというケースが多くなってきたからです」

 「以前なら、その役割は中間決算が担っていたのですが、四半期決算の浸透で企業決算はますますスピードアップしてきたといえるでしょう。つまり、あと2カ月後の7月3週目あたりからスタートする第1四半期決算発表時点で、期初予想から業績上方修正する期待値が盛り上がります。その期待を支えに、株価が下値切り上げ型でかなり上昇する推移をたどると予想しています。その上昇波動に先回りして好業績期待がベースにある銘柄を物色する戦略がパフォーマンスを上げてくれるでしょう」

 −−では、今週の本命株は

 「医療器具大手の『ニプロ』(東1・8086)です。同社は後発医薬品を強化中で、18年3月期は経常利益で36%増益の予想。しかし、想定為替レートを1ドル=105円と設定し、実勢の為替相場と比較すると、為替差益によるさらなる業績向上が期待できるかもしれません」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。