安定成長「ファンデリー」、定期サービス会員数が増加中 相場下落も逆行高で上昇する小型株 (1/2ページ)

2017.05.17

 米ドル為替が一時、1ドル114円台にまで円安進行したことで、日本市場は買い優勢で進行し、日経平均も2万円台を射程に入れる場面がありました。

 円安の恩恵を受ける輸出関連株を中心に日本株市場は、好調な地合いが継続する期待が持てます。ただし、北朝鮮が新型ミサイル発射を成功させると、円高方向に戻り、株が売られなど北リスクは依然、続いています。

 さらに、今の株価水準は将来の円安進行を過度に織り込んでいると考えられます。2万円の大台を前に投資家が利益確定に動き、一時的に調整するリスクに注意は必要です。

 安易に楽観視せず、慎重な投資スタンスを継続することをお勧めします。目下の局面では、為替の動きに影響を受けにくく、個別要因で株価が動きやすい小型株に注目戦略が有効です。

 なかでも、業績好調な小型株は、相場が下落しても逆行高して上昇する期待が持てるでしょう。

 そこで私が注目したのは、『ファンデリー』(3137)。カタログを通じた健康食品の宅配事業を手掛けています。同社を「安定成長が期待できる」銘柄として注目します。

 同社の宅配事業は、社員の多数を占める栄養士が顧客を担当し、カウンセリングを行う点に特徴を持ちます。また、サービスを広めるためのカタログは、主に医療機関の医師を通して患者に手渡されます。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。