黒田総裁再任への布石か、日銀マイナス金利「出口」議論

2017.05.19

 日銀のマイナス金利政策解除について、少しずつ情報発信が増えてきた。日銀は政策目標の物価上昇率2%達成を掲げ続ける一方、物価下落圧力は強いままだ。このため、金融市場関係者の間では、政策目標変更に向けた下準備との見方が出ている。

 日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁が10日、衆院財務金融委員会で「(現行政策からの)出口についての考え方を将来、紹介できるかもしれない」と、マイナス金利政策解除について言及した。4月の記者会見では「出口に差し掛かったときに、適切なコミュニケーションを取ることになる」と述べており、発言をわずかに前進させた形だ。

 米国で年末までに2回の利上げが予想されるほか、欧州中央銀行はユーロ圏の量的緩和縮小に入り、今年12月終了の方針を示している。日銀もいずれ欧米に追随して金融緩和政策を転換するとの観測が強まるのは当然だろう。

 日銀は4月に示した景気判断で9年ぶりに「拡大」の表現を用いた。景気拡大をもってマイナス金利政策の成功とすれば、来年3月の黒田総裁再任にも道が開ける。

 【2017年5月12日発行紙面から】

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。