財務好調「大成建設」が本命! 割安さ認識され投資金向かう建設業界 (1/2ページ)

2017.05.23

覆面株プロK氏が先週推奨の3銘柄
覆面株プロK氏が先週推奨の3銘柄【拡大】

 今週の覆面株プロは、マーケットの流行や旬なテーマ株の分析に定評があり、証券業界で躍進中の若手ストラテジスト、O氏です。トランプ大統領のロシア疑惑で、株式市場が揺れるなか、O氏が旬な3銘柄を推奨してくれた。

 −−今後、株が買い進められる業種は何でしょう

 「先週で決算発表が終わり、業績面で積極的に買われたのは電機業界企業でした。一方、業績がよいのに比較的、物色外に置かれてきたのが建設業界です。その割安さが認識されるにつれて投資資金が向かう可能性が高いと考えています。私が今週、取り上げる3銘柄でも建設業界に注目しています」

 「今後の株式マーケット全体が、どう推移していくか。ポイントになってくるのは、米国が6月のFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げを実施するかどうかでしょう。日本株は米国の長期金利に連動した値動きをしてきましたので、その結果が大きな影響をもたらすと思います。米国の各種経済指標の動向を見逃さないようにしたいですね」

 −−では、今週の本命株は

 「建設業界最大手の一角を占める『大成建設』(東1・1801)です。先ほど、建設業界企業は業績がよいのに、株価が割安に放置されていると触れた背景には、建設業界は全般的に財務基盤の弱い企業が多いという面があります。しかし、大成建設は財務良好で、その点が評価されて株価が右肩上がりを描き始めています。自社株買いをするなど株主還元にも積極的な姿勢ですから、上値はまだまだ高いと考えています」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。