5月IPO、3年連続ゼロのナゼ 6月以降人気過熱か

2017.05.24

 今年5月は株式の新規公開(IPO)が3年連続のゼロ件となる。IPO銘柄を上場前の公募・売り出しで買い、上場初日に売るトレードは今年に入って実質100%の勝率を続けている。IPOの空白が市場に渇望感を生み、6月以降の人気過熱が予想される。

 年初から5月までのIPOは32件。このうち再上場を除いた28件で初値が公開価格を上回り、半数超の15社で初値が公開価格の2倍を超えた。

 新規公開株は出せば売れる状態なのだが、この時期はどうしてもIPOが途切れてしまう。3月期末決算が確定してから証券取引所の上場承認を得るためだ。

 注目は6月15日上場のビーブレイクシステムズ。約1カ月半ぶりのIPOだけに投資家の資金が殺到し、企業の実力とかけ離れた値が付く可能性がある。

 一方、スシローグローバルホールディングスなど再上場の4社はそろって公開価格割れで市場デビューしている。いくつかの企業に再上場観測が出ているが、純粋な新規公開ではないと割り切って、手を出すかどうか判断した方がよさそうだ。

 【2017年5月17日発行紙面から】

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。