ブサメンがイケメンに変わる!?世界初の利き顔に合わせられるメガネとは?

2015.08.07


左右非対称メガネ装用【拡大】

眼鏡店の『オプテリア グラシアス』を展開する有限会社ojim(オジム)(本社:東京都武蔵野市、代表:伊藤次郎)発のアイウェアブランド「Rechild(レチルド)」は、世界で初めて顧客の利き顔(※1)に合せて提案出来るメガネブランドとして、昨年世界デビューをいたしました。右利き用、左利き用とそれぞれのモデルにお顔の特徴に合わせて提案出来るメガネとなっています。

【お店に行っても自分に似合うメガネが無いと嘆く現状】

女性を中心に自分に似合うメガネが無いと嘆いている方が、日々お店で接客していると数多く見受けられます。そんな方々の多く(自店リサーチによれば、8割)は非対称な顔をされています。だがマーケットを見渡しても99%の枠は左右対称のデザイン、また1%以下の比率で左右非対称なメガネフレームは存在していますが、残念ながら、既存の非対称なフレームは一方の利き顔に合っていても反対のお顔には似合わなくなってしまう。つまり、その非対称のメガネでさえ似合うメガネが無いと嘆く方々には、その問題を解決させる対策とはなり得ないのが現状です。

【そんな似合うメガネが無いとお嘆きの方々へ】

このRechildというブランドは、左右のレンズに一箇所ずつ突起の様なアクセントをデザイン処理として施しています。そのデザイン手法は右利き用であれば、線対称の様に右目の上と左目の下(※2)に左右非対称にアクセントをつけます。これによって揺らぎの存在する人の顔にシンクロするかのように馴染むというわけです。つまり世界で唯一似合うメガネが無いと嘆く方に提案出来るメガネとなっています。この効果は左右非対称なお顔であればある程にその効果も増していきます。

※1)右目の上にアクセントを持ってきた方が馴染む方が右利き、左であれば左利き用のデザインになる。

【Rechildホームページ】
http://www.rechild.jp

【今後の展開】

昨年9月にParisでSILMO(シルモ)という世界最大の展示会でデビューを果たしました。今後は日本だけに留まらず、世界中で愛されるブランドとして世界の展示会に出展し、その魅力を伝えてゆきたいと思っております。

【店舗概要】
名称   : オプテリア グラシアス(運営:有限会社ojim)
住所 : 〒180-0004 東京都武蔵野市本町1-11-21 せのおビル1F
店舗URL: http://www.opteria-glassias.jp/

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。