一粒500円の超高級トマト、3,000個がわずか6日間で売り切れ!高知県産の「徳谷トマト52番」が想像を遥かに超える甘さで人気

2016.03.23

徳谷トマト52番
徳谷トマト52番【拡大】

  • <p>■■掲載えとき■■</p><p>徳谷トマト52番栽培</p>
  • <p>■■掲載えとき■■</p><p>徳谷トマト52番みずみずしい</p>
  • <p>■■掲載えとき■■</p><p>タカシマヤ催事1</p>

まるごと高知カタログに掲載されている、高知県特産の「徳谷トマト52番」が想像を遥かにこえる甘さで、今大人気となっています。

まるごと高知オンラインショップ=http://marugotokochi.jp

【無名のトマトが高価格にもかかわらずバカ売れ】
ゴルフボールより少し大きいくらいの小振りなトマト、色は赤というよりルビー色に近いほど濃い赤。このトマトは高知県特産の「徳谷トマト52番」。徳谷トマトは生産者ごとに番号がふられ、中でも52番は人気でなかなか手に入らないと言われています。値段は一粒500円の超高級トマトです。

先月2月末に行われた横浜タカシマヤの催事では、この「徳谷トマト52番」160キロ、3,000個がわずか6日間で売り切れとなりました。初出店で知名度も低く、そして一粒500円という高価格にもかかわらずバカ売れしたのです。

【「徳谷トマト52 番」の予想を超えた味】
「徳谷トマト52番」を初めて食べた人は決まって「これ本当にトマト?」と言うそうです。横浜タカシマヤで販売した際にも、「こんなトマトは食べたことがない」、「水っぽさがなく、甘さがずっと残る」と驚きの声が。価格が高いから甘いだろうと予想して食べたのに、その予想を遥かに超えて甘いので初めて食べる人は一様に驚くのです。

それもそのはず、通常甘いとされるフルーツトマトの糖度が8〜10度に対し、この徳谷トマト52番は10〜13度。13度と言えば、果物が一番おいしいとされる完熟の濃度です。この最高基準の甘さに加え酸味と旨味のバランスが取れているので、一度食べた人はその味が忘れられず何度もリピートして買うそうです。

【「徳谷トマト52番」のおいしさの秘密】
「徳谷トマト52番」販売者の尾崎さんによると、高知市の徳谷地区の土壌は塩分濃度が高く、そのせいで水分が少なくてカラカラという農作物にとっては育つのに過酷な場所だそうです。だからトマトは大きく育たず、小さな粒に信じられないほどの甘さが詰まっていくのです。

「現在12件の徳谷トマト農家がありますが、うちではその中でもトップクラスのトマトしか扱っていません。」と尾崎さん。52番の生産者が作る徳谷トマトはさらにその中でも甘味と旨味が安定しているので、横浜タカシマヤの催事にもこれを持って行ったそうです。

【まるごと高知とは?】
まるごと高知は、高知の県産品を集めたカタログで高知県の地産外商公社が発行しています。高知県の美味しいものを全国に発信するだけでなく、日本の食材の魅力を世界に広めたいと立ち上げられました。便利なオンラインショップもあり、「徳谷トマト52番」もインターネットでお取り寄せが可能です。想像を遥かに超えたトマトがご自宅で味わえます。

「徳谷トマト52番」1kg 5,700円(税込)※送料込み
まるごと高知オンラインショップ= http://marugotokochi.jp
お問い合わせ電話番号=0120−366−210(受付9:00〜18:00)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。