船越英一郎、息子のために法廷闘争は避けたいと思っていたが… “松居劇場”嵐の前の静けさか

船越英一郎

 所属事務所の「ホリプロ」に続き、個人としても名誉棄損とプライバシー侵害で妻で女優の松居一代(60)を提訴していたことがわかった俳優、船越英一郎(57)。

 「船越さんは当初は息子さんのために、法廷闘争は避けたいと思っていたようですが、被害者である船越さん自身が訴えたほうがいいと周囲に説得されたようです。

 松居さんは自身のブログやYouTube動画で、船越さんの不倫や、勃起不全、植毛したことなどを一方的に主張していて、直接被害を受けたのは船越さんですからね。

 万が一、裁判に負けるようなことになると、松居さんがその後ますます増長する可能性がありますから万全を期すということでしょう」(女性週刊誌記者)

 所属事務所や船越さんが提訴したことで、実際、効果は出ているようで、現在のところ“松居劇場”は収まっている様子。

 「さすがの松居さんも提訴されたことで、いままでのような奔放な発言はできないようですし、もうネタが尽きたという見方もあります」(前出・女性週刊誌記者)

 ただの嵐の前の静けさでなければいいが…。

(zakzak編集部)