【ぴいぷる】前月組トップスター・龍真咲の焦らず、飾らず、あふれる夢 「宝塚の魔法」解け、出会えた歌手の道

前月組トップスター・龍真咲

 何かと記念の節目に縁がある。

 宝塚歌劇団を昨年9月に退団した前月組トップスター。2001年に入団して月組一筋に順調にステップアップし、トップに就任(12年)したときは、21世紀の初舞台生で初めてのトップ誕生と騒がれた。

 14年の宝塚歌劇100周年では記念公演で主演を務め、中心的存在となって新世紀を担った。同年の日本中央競馬会60周年では、阪神競馬場で開催された「宝塚記念」で国歌斉唱と表彰式のプレゼンターも行った。

 「そうですね。記念の節目にはまったことで、いろいろ考えさせられました。中でもターニングポイントは、宝塚歌劇100周年ですね。すごい歴史のあるところに入れて、しかも頂点にいられたんですから。それまでは私の中で宝塚そのものが1つの目標で、人生で宝塚がなくなることは考えていなかった。終止符を打つのは決断がいりましたが、トップになったらやめなくてはならない。ファンのみなさんはよく『宝塚には魔法をかけられている』と言われるけど、中にいた私たちもまた『宝塚の魔法にかけられていた』んだと思います。もう戻れない青春でしたね」

 少し遠くを見る目をしながら、独特の表現で振り返った。舞台映えのするルックスは化粧法が変わってもより華やかで、たおやか。

 「いやあ、まだまだ。歩く歩幅もガシガシしているし、スカートは大変ですよ」というけれど、髪も伸びてアップにまとめたうなじからは、男役だったとは思えない女性らしさがにじみ出る。

 「宝塚の魔法」から解けた後は「再生と覚醒の1年」だったそう。退団後は「全然、決めていなかった」が、すぐにタカラジェンヌOGを中心にした「エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート」に出演。男役ではなくヒロインのエリザベート役を務めて、見事な美貌と高音の歌声を披露した。

 その後は今年8月23日に、全曲オリジナルのファースト・アルバム「L.O.T.C2017」(ビクターエンタテインメント)を発売し、コンサートに力を入れて活動している。

 「次々とご縁に巡り合えて…。あまり決めずにラフにしていたことがかえってよかったのかな。CDの楽曲は、スタッフに自分がどんな人なのかをいっぱい話して、受けた印象をもとに作ってくださった。言葉を伝えるミュージカルの歌とは全然違うリズム重視のソフトな感じ。自分の曲はいいですね。歌えば歌うほど大好きになります。今はCDを出したばかりなので、歌手として一から巡業したいなと思っています」

 その1つが、米ブロードウェーのキャストと夢の競演をする「WORLD MUSICAL CONCERT 2017~SONG and DANCE of BROADWAY~」(10月9日、東京・東急シアターオーブ)だ。

 「英語の曲というのが前提で、共演者の方とのデュエットもあるので、英語を頑張らなくっちゃ。実は6月にひと月、仕事と勉強を兼ねて1人でニューヨークに行っていたんです。初めての外国での滞在生活でたくさんの新しい体験ができました」

 もう1つは「めざましクラシックスin HYOGO2017」のスペシャル・ゲスト(12月9日、兵庫県立文化芸術センター大ホール)。フジテレビの軽部真一アナウンサーがプロデュースする人気コンサートで、こちらも20周年記念の節目の参加になる。

 「クラシックは宝塚音楽学校時代に基礎で学んで以来になりますが、多方面のジャンルに挑戦できるのがうれしいです」

 来春には、大作ミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」(4月から東京・帝国劇場ほか)に、マリー・アントワネット役(ダブルキャスト)で出演。宝塚トップ時代に龍自身が日本初演で主演した作品で女優デビューする。「今度は主役のロナンが憎くて仕方なかった敵役のマリー。どうなるのか楽しみ」とか。

 今後は「元男役や女優などのカテゴリーに頼らず、好きなファッションなども含めたいろんな新たな道で、私らしさを表現したい」と考えている。

 「自分の子供を持ってみたいので結婚もできれば」。こんな夢も芽生えてきたそうだ。(ペン・平松澄子 カメラ・宮沢宗士郎)

 ■龍真咲(りゅう・まさき) 女優、アーティスト。大阪府東大阪市出身。2001年、宝塚歌劇団入団。華やかなルックスと歌唱力で早くから注目され、月組一筋に歩んで、12年、トップスターに昇格。14年の宝塚歌劇100周年記念公演では中心的存在として支えた。16年9月、「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」「Forever LOVE!!」を最後に退団。舞台、音楽、ファッションなどマルチな活動を目指して、新たな芸能活動を始めた。

 10月9日、「WORLD MUSICAL CONCERT2017」(東京)で米ブロードウェーのキャストと競演予定。

Read more