たけしが豪語、イシグロ氏のノーベル賞は「俺がとらせた」

ビートたけし

 英小説家、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞を受けて6日、「おはよう、たけしですみません。」(テレビ東京系)に生出演したビートたけし(70)が、「誰が何と言っても、俺が(ノーベル賞を)とらせた」と豪語した。

 イシグロ氏が受賞後のインタビューで「黒澤明、小津安二郎、伊丹十三、北野武氏らの作品から多くのことを学んだ」と語ったことを受けて、「1億円ぐらいもらうんだろ。くれたっていいよな、影響料」とも。

 さすが“世界のキタノ”だ。

Read more