朝倉あき、民放連ドラ初主演! 「毎回、お色気シーンがあるんですよ」

朝倉あき 写真/中川容邦

 ドラマ「下町ロケット」(TBS系)や映画「七つの会議」などに出演して存在感を示し、女優として目覚しい活躍を見せる朝倉あき(27)が民放連ドラ初主演を務めることが決まった。BSテレ東で13日からスタートする「歌舞伎町弁護人 凛花」(毎週土曜、深夜0時~)は原作・松田康志、作画・花小路ゆみの同名コミックを実写化したもので、朝倉扮する弁護士、美鈴凛花が東京・新宿の歌舞伎町を舞台に依頼人の悩みを解決していくエンターテインメント作品だ。

 美人で頭が良くて仕事もできるという、まさに無敵の凛花。大手法律事務所で企業弁護士として将来を嘱望されていたが、ひょんなことから歌舞伎町にある父の弁護士事務所を引き継ぐことになった。そんなヒロインを演じる朝倉をzakzakが都内某所で直撃。笑いあり、お色気ありと、見応えのある人間ドラマの魅力について話を聞いた。また「下町ロケット」をはじめ、数々のヒット作を手掛けてきた福澤克雄監督の現場で学んだことにも言及。その様子を2回に分けて紹介する。実は“○○マニア”だったという朝倉の意外な素顔とは?(zakzak編集部)

<まずは凛花について教えてください。彼女はどんなキャラクターですか?>

 「強気な性格で、とても正直な女性。弁護士としての実力はありますし、ファッション(写真参照)からも分かると思いますけど、確固たる自分の美意識を持っているんです。最初はちゃんと演じることができるかどうか不安があったんですけど、意志が強いところが凛花の魅力。それが自分の中で明確になったので、今は演じていて楽しいです」

<困っている人を助ける正義感の強さも魅力ですね>

 「もともと、父親に対抗したいという思いが弁護士として生きていく大きな原動力にはなっているんですけど、凛花には潜在的な正義感があるんです。弱い人を放っておけない優しさ。そんな彼女の姿が見えるストーリーになっているんじゃないかなと思います」

<弁護士役ということで、何か勉強はしたことはありますか?>

 「どうやって弁護士になるのか、普段の仕事の中で弁護士としての専門用語をどんな風に言ったりしているのか。一応、自分でできる範囲ではありますけど勉強しました。あとは、弁護士が登場する作品を見たりして、リアルとフィクションを併せながら研究しました」

<先ほどファッションの話も出ましたけど、ハイヒールを履いて颯爽と歩く姿がかっこいいですね>

 「普段は、あまりヒールがある靴を履く機会がないんです。ハイヒールを履くと背筋が伸びるというか、胸を張れる感じがいいなと。本番前にスイッチが入りますし、自然と胸が開くので腰も入るような感じがします」

<武田航平さんが演じる同僚の牛島連司や、岡田浩暉さん扮するしのぶママとのやりとりも面白そうですね!>

 「凛花と牛島さんの関係性は、演じていても不思議だなと思っています。何か上手く乗せられているような気もしますけど(笑)、いい絆が生まれているんだなって感じています。しのぶママの前では、いつも自信たっぷりの凛花も他の人には見せない一面を見せるのかなと。しのぶママが時にズバッと、時に遠回しにいろんなことを指摘してくれるので、凛花にとっては心強い存在なのかもしれません」

<今回、連ドラの“座長”として心掛けていることはなんですか?>

 「まだまだできているわけではないんですけど、なるべく皆さんとコミュニケーションを取るようにしています。作品自体がものすごく明るい物語ですし、スカっとするシーンも多いので、現場のいい雰囲気が伝わるといいなと。返事ひとつにしても小さくならないよう、元気に大きな声を出して周りの人たちと楽しく過ごすことを心掛けています」

<あらためて、作品の注目ポイントをお願いします>

 「毎回、凛花のお色気シーンがあるんですよ」

<マッサージのシーンですね?>

 「そうです(笑)。どんな風に演じたらいいのか戸惑いましたけど、思いっきりやった方が絶対面白いじゃないですか。どこまでできているかは見てくださる方たちの判断に委ねたいと思います。自分なりには頑張っていますよ(笑)。それと、クスっと笑える場面がたくさん散りばめられている中で、悩みを抱えている依頼人に対しては優しく寄り添う場面も出てきたり。物語にしっかりと緩急がついているところも見どころのひとつです。お色気や笑いがあり、なおかつきちんと悪を裁く痛快さも味わえる。そのバランスを楽しんでいただけたらうれしいです」(つづく)

★1名さまに朝倉あきさんのサイン入りインスタント写真をプレゼントします。応募方法はツイッター「zakzak公式エンタメ部」をフォローしていただき、#zakzakプレゼント朝倉あき  と19日までにツイートしてください。※すでにフォローされている方はツイートのみでOKです! またツイートは1アカウントで1つとしてください

●プロフィル

あさくら・あき 1991年9月23日生まれ、神奈川県出身。女優として映画、ドラマ、舞台など、幅広いジャンルで活躍中。最近の主な出演作に、映画「四月の永い夢」、「21世紀の女の子」、「七つの会議」、ドラマ「下町ロケット」(TBS系)、BS時代劇「小吉の女房」(BSプレミアム)など。7月12日から全国各地で上演される舞台「フローズン・ビーチ」に出演