記事詳細

【ぴいぷる】柳ゆり菜、グラビア現場で撮られている自分が想像できず… 色っぽいオーラも「モテないですよ」 (1/3ページ)

 今、OLの間で話題の深夜ドラマ『きみはペット』(フジテレビ関東ローカル、月曜深夜26時35分)。

 超キャリアウーマンが年下子犬系美少年をペットとして自宅で飼う、という奇想天外の物語だ。

 『kiss』(講談社)で連載され、累計発行420万部を記録する小川彌生のコミックが原作で、2003年にテレビドラマ化、11年には韓国でも、チャン・グンソク主演で映画化されている作品だ。

 入山法子演じる厳谷澄麗(スミレ)と、恋のライバル関係になる福島紫織を演じている。

 「ここまであからさまにイヤな女のコの役は初めてです。とにかく、前半は視聴者に嫌われれば嫌われるほどイイと思って演じました」

 あえて現場でも他の出演陣とはコミュニケーションをとらなかった。

 「孤立している役なので。それは監督も皆さんもわかってくれていて。最後に韓国ロケに行ったんですけど、そこでは一緒に飲みに行ったりして、一気に仲良くなりました」

 役作りでは、原作コミックのキャラを参考にした。

 「表情がコロコロ変わるんです。満面の笑顔が一瞬で白けた真顔になったり。男性に対しては常に勘違いさせるようなアプローチを。後半になるとまたキャラ、心情が変化しますので、楽しみにしていてください」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう