記事詳細

小沢健二、活動休止も再開も突然な“オザワ”がせ復活劇

 2月21日、19年ぶりとなる新譜シングル『流動体について』を事前告知なくリリースした小沢健二(48)。発売日には、朝日新聞朝刊に自身の長文エッセイで構成した奇妙な全面広告を掲載。さらに24日には、テレビ朝日系『ミュージック・ステーション』に20年ぶりの出演を果たすなどメディア露出もいきなり再開。活動休止も突然だったが活動再開も突然。全くオザワがせな復活劇である。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう