記事詳細

「KAT-TUN」元メンバー田中聖、大麻所持で逮捕「自分のものではない」

 人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー、田中聖(こうき)容疑者(31)が大麻を所持していたとして、警視庁渋谷署に大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕されていたことが25日、分かった。

 田中容疑者は24日午後6時50分ごろ、東京都渋谷区道玄坂の路上で、ワンボックスカーの車内に若干量の乾燥大麻を所持していた疑いが持たれている。渋谷署員が車に乗っていた田中容疑者を職務質問したところ、運転席と助手席の間から見つかったという。

 同署の調べに、田中容疑者は「車の中にあったものは自分のものではない」と否認している。

 田中容疑者は2001年、KAT-TUNのメンバーとしてデビューし、主にラップを担当。不良めいた雰囲気で人気だったが、プライベート写真の流出や事務所に無許可で都内でバーを経営するなど素行不良が多く、13年9月に「度重なるルール違反」として所属事務所から契約解除されていた。

 その後、同年11月に自身がボーカルを務める4人組バンド「INKT(インク)」を結成。今月3日にはアルバムを発売したばかり。現在、全国ツアー中で、27日には三重県四日市市でライブを行う予定だった。

 大麻をめぐっては、昨年10月25日に元女優の高樹沙耶(53)が所持容疑で逮捕され、先月27日に有罪判決を受けている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう