記事詳細

たけし師匠が来店、カラオケ歌ってくれた! リモコンの履歴に残された3曲の宝物 (1/2ページ)

 初めて訪ねるスナックで『ここはどういうお店なんだろう?』というクエスチョンを解決する方法にカラオケのリモコンの「りれき」欄を見る方法があります。履歴に現れる曲名によってお店の客層などの情報が明らかになってくるので、初めて入るスナックで有効なテクニックです。

 東京・赤坂に「スナック玉ちゃん」をオープンしてから3カ月、これまでたくさんのお客さまにご来店いただきましたので、カラオケのリモコンの履歴に残された曲名が増えています。

 最近、お店のリモコンの履歴欄に新しく、ちあきなおみの「紅い花」、大川栄策の「路傍の花」、菊池章子の「星の流れに」の3曲の歌が残りました。私が初めて行ったお店でこの履歴をみたら「渋い選曲だなぁ」とうなることでしょう。この3曲の履歴は大切な宝物となりました。なぜならばこの3曲をカラオケで歌ってくれた人は、私が世界で一番尊敬する人だからなのです。

 そうです。先日、師匠であるビートたけしが私のお店を訪れてくれたのです。

 「おい、玉袋! お前スナックをオープンしたらしいな?」

 「はっははい! 赤坂にオープンしました」

 「お前よう、芸人がスナックなんてオープンしたらオシマイだろ!」

 こんなやりとりが2カ月前にありました。私は『師匠はスナック開業を快く思っていないのかぁ…』と、師弟の関係をしくじってしまったのではないかと焦ってましたが、その師匠が来店してくれてお酒を飲み「カラオケでも歌うか」と気持ちよく歌ってくれたのです。もう天にも昇るような1日です。

 師匠は「最近の歌はピーチクパーチクな歌ばかりでよぅ、ありゃダメだ」と嘆きながら、先述の3曲を熱唱してくれました。店内も盛り上がってくると「おい、玉袋も歌えよ」とリクエストまでされてしまい、よせばいいのに私、玉袋筋太郎唯一の持ち歌「酔街エレジー」を師匠の前で歌わせてもらいました。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう