記事詳細

足首をコショコショが“急所”です… 防衛本能の精密さに驚き (1/2ページ)

★其ノ百九拾八

 先日、子猫の背後に気づかれないようにキュウリを置き、何気なく振り返った子猫が「わっ、何これっ」と驚いて勢いよくピョーンと飛び跳ねて画面からはけるように逃げ出す…そんな動画を拝見しました。

 一時のどっきりですし、安全な場所で行われていることも理解できましたし、子猫の焦った姿に萌えてしまったのですが、同時に「飼い主さん、かわいい動画をありがとう。そして後のフォローはたのんだぞ」と願ってしまうのでした。

 ちなみにキュウリのような細長い物体は、本能的に蛇を連想させるようで、そこから攻撃や回避行為に繋がっていくというお話でした。子猫にも、いえ、生まれて間もない子猫だからこそ、危険回避のために本能と動きが直結しやすくなっているのでしょうか。

 人間にも危険を回避する本能があるようです。その1つが「くすぐったい刺激から逃れること」だといいます。自分で自分をくすぐっても「あははは、やめて」とはなりませんが、他人からのくすぐりは「ひゃははは、やだやだ」と反応しがちです。

 これはくすぐられる加減や場所を予想できず、「とりあえず逃げてー」と脳が判断しているせいからくるとのこと。確かに首や膝裏、脇の下などくすぐられて敏感になる部分はいわゆる「急所」が多いような…。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース