記事詳細

【大人のTV】「ピンクの電話」が10年ぶりにコント披露! 「お笑い演芸館」 (1/2ページ)

★「お笑い演芸館」(BS朝日、10日午後6時54分)

 今回は、なんと「ピンクの電話」デビュー30周年記念スペシャルだという。そう聞くと、意外というよりも、随分と時間がたったものだなあとの印象だ。

 ぽっちゃりさんの竹内都子(みやちゃん)と、声がかん高い清水よし子(よっちゃん)のコンビ。1980年代中ごろから、独特の存在感を放っていた。

 このコンビは、お笑いではあるが、どちらかというとテレビタレントとして、ピンでも活躍しているので、最近の女性コンビのはしりと言っていいかもしれない。

 女性コンビでよくあるのは、美人とブサイクという組み合わせ。今も昔もこれが王道。では、ピンクの電話ではどうかというと、一応ブサイク枠がみやちゃんとするならば、美人枠はよっちゃんなのだが…。なのに、あのカン高い声なのだ。

 意外といえば、2人とも大阪出身ということか。イメージとしては関東芸人だが、関西ローカルの番組では2人とも関西弁を話しているのだ。さらに竹内は「ドラえもん」で2代目ジャイアン母の声優を務めていることも意外といえば意外。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース