記事詳細

40億円デビューも“前代未聞”のトラブルで解散した「セイントフォー」 2年5カ月で空中分解

 今なら大スキャンダルに発展した前代未聞の事件だった。

 1986年9月、女性アイドルグループ、セイントフォーの所属事務所「日芸プロジェクト」が、歌手の橋幸夫が副社長を務めるレコード会社「リバスター音産」を相手に約3億8800万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴したのだ。

 リ社は、橋の「後援会長」を務めていた「佐川急便」の佐川清会長(当時)が、橋のために82年に作った会社だった。

 セイントフォーは映画「ザ・オーディション」の主演の一般募集で3万人から選ばれた岩間沙織、浜田範子、鈴木幸恵、板谷祐三子の4人組で激しいダンスを交えながら歌い、間奏ではバック宙も披露した。

 「レコード会社十数社が争奪戦を繰り広げ、リバスターが獲得した」(音楽関係者)もので40億円デビューという派手なキャッチフレーズで業界の話題を独占した。

 84年のデビュー曲「不思議TOKYOシンデレラ」は出足もよく20万枚を売り上げ、続く「太陽を抱きしめろ」も18万枚。アルバムは30万枚も売り上げた。当然、世間的には「絶好調」にみえたが、なぜか1年後の85年10月を境にリリースがピタリと止まった。

 所属事務所は「レコード印税が全く支払われなかった」として「橋副社長を背任横領で告訴する」と言い放ち、「橋副社長は会社ぐるみでセイントフォーの引き抜き工作を図った」と暴露。

 受けて立つリ社側。橋は「全く寝耳に水。事実無根。しかも何で橋幸夫を攻撃するのか」とこめかみをピクピクさせて大反撃。「栄光の芸名を汚され、怒り心頭だった」(レコード関係者)

 この問題は「いったんはまとまった話ですが、橋が蒸し返した」と言うのだ。「確かに引き抜きで揉めたが和解で進んでいた。ところが橋は和解話をひっくり返してしまった」(関係者)

 橋の意地が事態を悪化させたのだ。

 地裁は「和解勧告」を出し続けたが「5回の弁論を重ねる泥沼状態に陥り」(関係者)、両者は完全に修復不能に。

 メンバーでリーダー格だった岩間は「大人のトラブルには疲れました。私たちはライブ活動だけでも続けたかった。ファンの人たちに中途半端な状態では、かえって申し訳ないと思って4人で話し合って決断しました」と涙ながらに解散を明らかにした。

 40億円デビューも、たった2年5カ月で空中分解。87年1月18日、東京・御茶ノ水の日仏会館で解散コンサートが急きょ行われた。

 「最終的に裁判所の和解勧告を両社が受け入れたようです」(芸能関係者)

 (芸能ジャーナリスト・渡邉裕二)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう