記事詳細

【ぴいぷる】大人になった“美少年”滝沢秀明、映画初主演はまさかのホラー “謎の男”は「今だからこそ演じられる役」 (3/3ページ)

 ■「砂漠で野宿」

 30代になって、プライベートでハマっているのは「冒険」だという。エチオピアの砂漠など、未開の地を旅している。

 「1年に1回ほど行っています。砂漠に行ったときは野宿でした。旅に出ると、本来の姿に戻れるんです。1週間くらいお風呂に入れないような旅で、仲間と一緒にいろいろな場所を転々とするのですが、そのときは『どうやったら生きていけるか』しか考えません。肉体的にも精神的にも鍛えられるので、舞台でちょっとしたトラブルがあっても慌てなくなりました」

 美しいルックスからは想像もつかないくらいに内面は男らしい。10代は「美少年」と呼ばれていたことに違和感もあったのでは?

 「ありましたけど、イメージって勝手に付けられるものなので、何もないよりはいいかなと割り切っていました。今のほうが自分を出しやすくなりました。年を重ねることって悪くないですね」

 今や大人の男として、カッコよく輝いているアイドルなのだ。 (ペン・加藤弓子 カメラ・春名中)

 ■たきざわ・ひであき 「タッキー&翼」のメンバー、歌手、俳優。1982年3月29日生まれ、東京都出身。35歳。2005年、NHK大河ドラマ「義経」では最年少で主役に抜擢。近年の主なドラマとして「真夜中のパン屋さん」(NHK)、「鼠、江戸を疾る」(同)、「HAMU-公安警察の男-」(フジテレビ系)、「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)などがある。2012年からミクロネシア連邦の友好親善大使に就任している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース