記事詳細

大好きな相撲界にも番組ファンが!「ごっつぁんです」 (1/2ページ)

 先日「玉ちゃんの人生酒場~唄は世につれママにつれ~」という私の5分番組の収録で3日間で東京、名古屋、大阪のスナックを16軒訪ねる荒行をしました。

 初めて訪れるお店で初めてのママと番組を成立させねばなりません。お酒が入る番組でも、それなりに気を使うので最後は流石にヘロヘロになりました。

 しかし、こういう感じで年がら年中スナックロケをしているので年間最大150軒という、早稲田の清宮くんのホームラン記録を1年で軽く上回る数字を残しています。近々、ホームラン世界記録868本の「世界の王貞治」さんをも凌駕する記録を打ち立てるでしょう。その際にはギネスに記録を申請しようとたくらんでいます。

 本塁打とスナックの数を比べるのもナンセンスですが、訪ねたスナックでの素晴らしいママとの出会いは私の中ではホームランを打ったことの喜びに匹敵します。

 ロケは実際にお酒を飲みながら進行していますから、身体のことを気遣う女房から「テレビなんだから飲んだふりでいいんじゃない」と言われます。確かにそれも可能でしょう。

 テレビの食べ歩きの番組の出演者などは一口箸をつけて感想を言った後は食べることがないのが現実です。もし自分が店側の人間だったら…タレントが帰った後に何と言うでしょうか?

 「せっかく作ったのに、あの人ったら一口しか食べないで帰って行ったわ! まったく!」

 こんなことを言われるのはタレントの宿命かもしれませんが、後ろから撃たれるようなことを言われるのはいい気はしません。

 私の場合はお酒ですから短い収録時間でも飲むように心がけています。5軒目には相当ベロベロになってしまいますし、50歳にもなるので身体に堪えますが、「番組いつも見てるよ!」というスナックファンからの一声が私の身体に残るお酒を解毒してくれるのです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース