記事詳細

「兜町の風雲児」との醜聞で追い込まれた倉田まり子さん 出演料500万円!TV各局争奪戦 (1/2ページ)

 10年前のことだ。かつて「兜町の風雲児」と呼ばれた元投資ジャーナル会長、中江滋樹氏が、滋賀にある自宅を放火しようとして逮捕された。1984年に投資ジャーナル事件で逮捕され、実刑判決を受けて服役。92年に仮出所したが、その後、行方不明だった。

 中江氏とともに再びクローズアップされたのが倉田まり子だった。投資ジャーナル事件当時、人気絶頂の倉田は、中江氏がらみのスキャンダルで引退に追い込まれたのだ。

 キッカケは84年9月。写真週刊誌「FRIDAY」が創刊1カ月前に発行したテスト版に掲載されたのが倉田と中江氏のツーショット写真だった。長髪に口ヒゲのむさくるしい中江氏が、満面笑顔で倉田の肩に手をかけていた。ファンが騒然となったのはいうまでもない。

 倉田は79年にデビューし、日本レコード大賞新人賞を獲得。NHK「レッツゴーヤング」の司会も務めた売れっ子。

 一方の中江氏は「株の買い付け資金融資」名目で約7800人から584億円を集めたが、百数十億円が戻らず、警視庁が捜査に乗り出していた。

 「写真は赤坂の高級料亭で、中江がオーナーの月刊誌の取材の際に撮ったものが流出。写真の値段は数十万円とも数百万円とも言われていました」(芸能プロ関係者)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう