記事詳細

次期総監督候補が“結婚”須藤を批判「本当に胸が痛い」

 17日のAKB48選抜総選挙で、“次期総監督候補”のAKB48・高橋朱里(19)が電撃結婚を発表したNMB48の須藤凜々花(20)を批判するスピーチを行った。

 42663票を獲得して11位に入った高橋だったが、昨年末、NHK紅白歌合戦と連動して企画された視聴者投票による“紅白選抜”では圏外となった。高橋はまず「AKB紅白では圏外という結果を出してしまいました。その時にはこうやってまたこの壇上で選抜としてスピーチができるとは想像もしていなかったです」とお礼。そして20位のアンダーガールズ入りを果たした須藤に対し、「ファンのみんなと一緒に悔しかったり嬉しかったり喜んでいるメンバーがいる中、アンダーガールズのそこまで上げてくれたファンの皆さんがいる中で、結婚したいとか、結婚しますとか、そういうファンの皆さんが複雑な気持ちになってしまうことを言うメンバーを見て、それまでに流していったメンバーの涙の気持ちを考えると、本当に胸が痛いです」と言い放った。

 カメラはその時の須藤の様子をとらえおり、画面には神妙な面持ちで高橋のスピーチを聞き入る須藤の表情が映っていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース