記事詳細

小出恵介、任意聴取へ 大阪府警が事件性の有無調査

 俳優の小出恵介(33)が大阪市内で17歳女性と飲酒し、淫らな行為をしたとされる問題で、大阪府警が府青少年健全育成条例違反の疑いもあるとみて、小出と女性から近く任意で事情を聴く方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かった。小出の所属事務所などから資料の提供を受けるなどし、事件性の有無を慎重に調べる。

 関係者によると、小出は5月上旬、ドラマの撮影で訪れた大阪市内で17歳と紹介された女性らと飲酒。宿泊していた市内のホテルに誘って淫らな行為をしたとされる。

 府警は、週刊誌報道の直後から情報収集を始めた。府警は今後、2人から任意で事情を聴き、小出側が女性を18歳未満と知りながら一緒に飲酒して淫らな行為に及んだのかどうかや、女性を脅して不安にさせたりするなどの行為がなかったかを確認するという。

 小出の所属事務所は今月8日、小出を無期限で活動停止にしたと発表。小出も文書で「弁解の余地はございません」「取るべき責任を果たしていきたい」などと謝罪し、主演ドラマやCMが放送中止となった。

 また、所属事務所は15日、女性との間で10日付で示談が成立したことも明らかにした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース