記事詳細

人懐っこさとそつなさ備える三田寛子 梨園で一目置かれる (1/2ページ)

 元アイドル、柔らかで愛嬌のある笑顔、おっとりとしたしゃべり方。一見すると、テキパキしたおかみ稼業には向かなそうな“天然系”の三田寛子(51才)だが、最近、梨園の妻たちの間でも一目置かれる存在になりつつある。

 昨年10月、夫が大名跡である「中村芝翫」を襲名。しかも、3人の息子もそれぞれ四代目橋之助、三代目福之助、四代目歌之助を同時襲名するという荒事だった。「襲名披露の準備は命を削る」といわれるほど激務のなか、三田はパーティーの準備やひいき筋への挨拶回り、挨拶の配りものの用意など、梨園妻としての役割を務め上げた。

 さらに三田が株を上げたのは、襲名披露直前の、夫と京都の芸妓との不倫騒動だ。報道陣を前に動じることなく、「夫婦で反省しております」とにこやかに応じる“神対応”で一気に株を上げた。ある梨園の妻がいう。

 「芝翫さんと親しかった芸妓さんは人脈が広く、芝翫さんの舞台の切符を100枚単位で捌いてらっしゃったそうです。チケットを売るのは妻の責任です。芸妓さんのルートがなくなった後はそれを三田さんが引き受けたのでしょうけど、しっかりと捌いているのは、役者の妻として本当に力がある証拠です」

 今では“デキる梨園妻”という評判がもっぱらの三田だが、梨園に嫁いできた当初は大変な苦労をした。三田は21才の時、映画の共演で知り合った芝翫との交際をスタートし、1991年に結婚。若さと勢いで飛び込んだ世界はやはり厳しかった。

 梨園の妻の仕事は夫の舞台のチケットさばきやタニマチとのつきあいから、弟子のとりまとめ、各方面へのあいさつ回りなどと幅広い。独特のしきたりや上下関係などのルールに戸惑うことも多い。

 「結婚してすぐの頃、三田さんがテレビに出演したんです。すると、それを見た歌舞伎のある大御所が激怒。現・芝翫の父である7代目芝翫を“お宅の嫁は何でテレビに出ているんだ”と叱責したそうです。三田さんは義母と一緒に大御所のところに飛んでいって謝りました。それ以降、彼女は目立つことを極力避けるようになったんです」(歌舞伎関係者)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース