記事詳細

遠い復帰…小出恵介、NHKと補償協議「1億円くだらない」 スポンサーの抵抗感も強く

 17歳少女との飲酒・淫行で無期限の活動停止となった俳優、小出恵介(33)。21日には、放送が中止となったNHKドラマ「神様からひと言」をめぐって、同局の木田幸紀放送総局長が補償について協議することを明らかにした。

 小出側は、少女と10日に示談が成立していたことを明らかにしているが、少女側から金銭を要求したのではなく、小出から金銭の支払いを提案していたとする報道も相次いでいる。

 さまざまな情報が噴出するだけでなく、警察による任意の事情聴取も行われる予定とあって、小出側も記者会見を開けない状況が続いている。イメージの回復がままならない中で、NHKからの金銭補償までのしかかってくる格好だ。

 「NHKの損害は1億円をくだらないとみられる。実際に請求された場合、事務所が支払うことになるため、事務所側としても小出にはきちんと復帰してもらいたいと考えている。しかし、いまだに会見で説明できない状況だけに、スポンサーの抵抗感は強い。簡単には復帰できそうにないようです」と芸能プロダクション関係者。

 まだ事態は収まりそうにはないようだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース